第2回えぇ町探検隊、出動しました!!

画像


今回のえぇ町探検隊に参加してくれたのは4名の男の子たちと9名のボランティアさん。
1人に2~3人付いてぞろぞろと町に出かけました。
えぇ町のスタッフは更にその後方支援と言うことで、カメラ片手にあるいはステッカーを配りながら町をうろちょろ・・・

今回の活動も子供達の買い物学習を目的としたものではなく、
お店の方々に自閉症を理解し、関わり方を知ってもらおうというものでした。そのため、ボランティアさんにも極力、子どもと定員さんのやりとりには介入しないで困った状況になるまでは助けに行かないでくださいとお願いしました。
最善の支援ではなく、最低限の支援で子供達を町に出したい。
特定の一人の支援者ではなく、不特定多数の支援者を作りたい。

困った状況・・・そんなことあるどころか、予想以上に素晴らしい状況で・・・涙・涙・涙

初めてのお店で定員さんがコミュニケーションボードでお金のやりとりをしてくれました(拍手!)

別のお店では、財布のお金を全部出した子にはやさしくおつりを財布に返してくれました。

どこのお店も大変対応良く、とても普通に接してくれました。

大町新鮮館さんは前回の様に休憩場所用意してくれて、またまたおいしい100%リンゴジュースとサラダほうれん草ごちそうになりました。
商店街のみなさん!本当にありがとうございました。

えぇ町の活動と考えを、理解しお手伝い下さいましたボランティアのみなさん!どうもありがとね~!
また、よろしくお願いします。

本日の活動の詳細は後日事務局便りでアップします。
お楽しみに!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 本日の利用団体ーえぇ町つくり隊

    Excerpt:  今日は10:30から自閉症研究会 えぇ町つくり隊の皆さんが、自閉症のご本人さん Weblog: きらめきサポートステーション一関 racked: 2006-01-23 09:45