「高機能の抱える悩み」について

高機能の抱える悩み」について
自閉症の診断基準として
1 対人関係の特異性
2 コミュニケーションの障害
3 こだわりと想像力の障害
参考(http://homepage2.nifty.com/tomy_s/body002.html
この3つの特性が必ずあるのが自閉症ですよね。
それは高機能でも変わらないはず。

養護学校に通う自閉症のお子さんでも、「言えば分かる子」「自閉の特性に配慮した指導の必要のない子」と言われるお子さんがいるんです。
というか、そういう先生がいるんです。

嫌いな刺激も、繰り返しにより慣れさせる・・・
という指導について今後校内で議論する予定です。
ご意見下さい。

この記事へのコメント

H.Suzuki
2006年06月18日 18:29
たしかに「言えばわかる子」はいると思いますが、「自閉症の特徴に配慮した指導の必要のない子」はいないと思います。
「言えばわかる子」であっても、それはわかるようになったのは「イヤではなかった」からだと思います。繰り返すにしても、子どもの状況・反応をよく見ながら、工夫をしていくことが必要で、昔ながらの精神論では療育はつとまらないでしょう。
2006年06月19日 08:52
私も「自閉の特性に配慮した指導の必要のない子」はいないと思います。
>嫌いな刺激も、繰り返しにより慣れさせる・・
繰り返しにより慣れる事が出来たら器質的な物では無いようにも思います。
嫌いな刺激にどう対処していくか。一人一人違うと思いますが、それを見つけてその方法を身につけて行く事も大事なのではないでしょうか?
夏の香
2006年06月21日 22:05
このブログを見られている方はひとりひとりの自閉症の子にあった支援が必要と思われる方達なのだろうと思います。
が、多いんですよね、「自閉、自閉って言いすぎる」とか「どんな障害でもひとりひとりにあった配慮は必要」とか「どんなことでも自閉症の特性って言えるのか」とか…
学校の教員ってやはり長くて3年、短くて1年。
そうするとその時に担当した教員のカラーにしちゃいたいところがあるんですよね。
子どもにとってはえらい迷惑な話。
どうにかして自閉症の特性を理解してもらったり
この時はこうすればいい…と伝えていきたいとは思うのですが、
どこから、どんな風に、
相手に不快な想いをさせないで伝えるには…とか思うとどっと疲れを感じる今日この頃。
自閉症のことを少しでもわかっているものが伝えていかねばならないのはわかってはいても、
なかなか…
何かこう思えばというものがあればなぁ…
おいで~
2006年06月22日 12:41
上で書いている「夏の香」さんと同じ意見です。
自閉症て皆違うので療育も大変たけど一人一人に合う療育で改善したい心があれば楽しく難点を乗り越えていければと思います。指導の必要ない子ていないと思います。「嫌いな刺激を繰り返し慣らさせる」のは必要だけとやらせる方の気持ちってとても大事で子供に伝わると思います。子供の気持ちを読み、理解し、一番好い体調の時必要性を親御さんの納得を得て共に乗り越えればと思います。健常児でも嫌いを慣らせる時ていつでも言い訳じゃないんですよね。
特に言葉や自分の気持ちを伝えれない子供の繰り返し慣らせるのはやり方がとても大事たと思います。
コアラ
2006年06月22日 12:58
言えば分かる(動ける)というのは,言わないと動けないということ,これを分かってくれない教師の多いこと・・。結局,学校が求める子ども像が,おとなしくしていて指示だけ聞ければいい子なんですよね。
2006年06月22日 23:49
嫌な刺激って慣れるものでしょうか?
たとえば嫌いな人がいて、ある部分嫌でも、良いところ認められれば好きになることもあります。
でも、その人の声がどうしても耳障りな時(私たちはあまりそういったことはないと思いますが)たとえば黒板を引っ掻く音のように我慢できない音刺激だとしたら、慣れられますか?

私は難しいと思います。
私は黒板やガラスを引っ掻く音平気ですが、銀紙を噛む感触がダメです。
想像しただけでも鳥肌が・・・慣れるために何回も噛んでみろと言われたらパニックです。
同様の事を自閉症の方も感じているのではないかと思うのです。

自閉症の方は人の身になってものを考えるのが苦手と言われていますが、私たちも自閉症の方々の身になって考えたり感じたりすることができていないのでは。


コアラ
2006年06月23日 22:43
嫌な刺激に慣れるというよりも。例えば運動会で使われるピストルの音であれば,いつ鳴るのか,どういう場面で鳴るのか,いつ終わるのか,どうすればそれを避けられるのか,といった見通しがもてるようになることで我慢できるようになっているだけで,嫌な刺激に対して感じ方が変わるというわけではないと思います。

この記事へのトラックバック