あるセミナーでの話

夏の香。8月8日、9日北上で自閉症セミナーがありました。その中のひとつにK先生の発表がありました。息子K君の幼少時から今までそして進路のことなどのお話でした。淡々としたお話でしたが大変感動しました。フロアーのある方が「自閉症の子をもっている家族の方々みんなに聞いていただきたいお話でした」と感想を述べていました。と同時に会場から拍手が・・皆さん同じであったと思います。本人の笑顔の写真がスクリーンに大きく映し出され涙が出そうでした。その話の中で「Kがいたことで私達家族は世界が広がったような気がしています」というようなことを話されていました。K先生だけでなく一人ひとりの親さん達はみんないくつもの葛藤や迷いや憤りを感じて育てていらっしゃったのだと改めて感じるとともに私達もまた自閉症の方々と共に活動することで世界が広がり僅かでも何かできることを見つけることができているのだと思います。K先生の発表に感謝します。皆さんも聞いてみたいでしょう\(^_^)/

この記事へのコメント

2006年08月13日 22:16
ありがとうございます。親として話をするのは初めてでしたが、何か複雑な思いです。自分のことは話しづらいものです。

この記事へのトラックバック