教育行政








別に教育に限らず行政は何処でもそうなんでしょうが、制度改革を望むのは難しいことでしょうかね。

ひとつの制度が出来上がると、その範囲の中でしかやろうとしない。

また、上意下達の世界で、上から降りてきたことは一生懸命やる。

青森県教委のやらせは最悪です。

 

今の就学制度 今の特学、養護学校のあり方、決して良いとはいえません。

でも、当たり前になってしまうと誰も異論を唱えなくなるのですね。

おかしいと言っても、なかなか同意は得られないものです。

 

やっぱり草の根的に変えていくしかないのかな。

自分の生まれ育ったところで教育を受けられない日本。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック