一関はえぇ町だぁ~

画像
えぇ町探検隊で開拓した一関の大町商店街
養護学校の生徒(25名)と歩かせていただきました。

どのお店も、対応がすばらしい!


探検隊の時と違い、お話しの分からない子や大きな声を出す子どももいましたが、そんなこと気にしなくてもいいよーというお店の方々。
子ども一人一人に合わせて分かるようにさりげなく支援してくださいました。

えぇ町でやってきたことが間違ってなかったとうれしくなりました。

一関に行かせてくれた高等部の先生たちにも感謝です。

よぉし、この調子で次回えぇ町探検隊も成功させるぞぉ!

次回(12/23)は「探検隊-お使い編」したいと思います。

この記事へのコメント

夏の香
2006年12月10日 15:59
同じく次の日。
別の学年20名の生徒達と大町に行ってきました。
お昼場所別にグループを作りましたが、
たしかにどのお店も対応が良かったです。
あるお店では学割100円引きを引率の先生にもと言ってくれましたし、あるお店では養護学校の生徒さんは消費税いいよと言ってもらえました。
お金の金種がわからない生徒は、お財布の中のお金全部をレジに出してしまいますが、やさしくその中からお金を取ってくれました。
学校で出かける時は、教師ひとりで何人もの生徒を引率しなければなれず、
なかなかゆっくりとひとりひとりの実態に応じることができないのが現状ですが、ゆったりと目的にあわせて先生方も生徒達も「たのしかった~」と言ってくれました。
こんな町がそちこちにあればいいなぁと思いました。
ホッキョクグマ
2006年12月10日 19:04
一関大町の素晴らしさを周囲の人のみならず商店街の皆さんに伝えたいですね。「大町商店街は素晴らしい対応をしているんですよ。」と伝える方法はないかなあ。報道関係者いませんかね。

この記事へのトラックバック