学校は現場が命

会議とか校務とか確かに大切なことですが
やっぱ、学校は現場が命
どういうことかというと、
要は教員として、子どもとか関わる時間が一番大事だと言うことです。

しかしながら、子どもと関わる時間もないほど忙しい今日この頃
この現象は異常です。
3月は師走以上に追われています。
今年度の反省、来年度の計画、成績、面談、校務の年度末処理、その他もろもろ…

今年度、本校の卒業式では卒業生全員が手作りの胸章(コサージュ)を胸に付けます。
高等部作業の縫製班で作成した物です。
入学式はこちらも手作りのリボンを付ける予定です。

私は、生徒が作った胸章を胸にした卒業生が入場してくるのを見ただけで…どうなるかと思うと…



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック