分教室開室①

昨年度、急に浮上した分教室開室の計画
半年たらずで全ての準備を整えて、いざ~



ちょうど1年前に開室した他県の分教室は
十分な準備期間と協議を経て万全の体制で開室したにもかかわらず
この1年間は手探りでの運営だったとお聞きしました。


でも、子どもは来る。
やらねばならぬ。


小学校さんの駐車場はすでに手狭で、
敷地内に新たな駐車場を作らなければならず…
砂利は何とか買ってもらいました。

場所は…小学校の用務員さんが花壇をつぶして確保

人手は…重機がないので、S小学校・I養護学校・M養護学校の有志のみなさんの協力で
ダンプ8台分の砂利をスコップでならしました。


まさに手作りの養護学校分教室なのです。

画像

この記事へのコメント

y-kuma
2007年04月08日 19:37
いろんなこと十分ではなく大変でしょうね。その分手を加えるところはたくさんあるのでしょうね。正にKさん次第!よい先例を作ってください。I養も、M養も、S小も、地域もみ~んなで作り上げる教室になることを期待しております。

この記事へのトラックバック