分教室より…お久しぶりです!

忙しいことを理由に
ブログさぼってました…ごめんさない

5月の末に運動会ありました。
養護学校分教室が小学校に混じっての大運動会。

小学校の子供達の競技にどうしたら参加できるか…
今回の運動会の目標でした。

小学校では各学年4種目の競技がありました。
そちらを変更することなく、分教室の子どもたちが楽しく参加できる支援を…
でも、3つの学年が在籍する分教室ですから、ははは、担当いっぱいいっぱい、がはは

そんな中、難しいリズムの競技でちゃんと踊りを覚え踊れたKくん。
最初は何度もある隊列変更についていけず、手を引き引き踊らせてました。
そのうちに、担当のマネをして回りの子どもたちが
手を引いたり、手招きしたり
「う~ん、子どもって、教えなくても理解していくのねー」
本番ではまるっきり担当の手を放れ
友達に混じって移動し踊る姿、けなげで格好良かった!!

養護学校の運動会って
子どもたちが、出来ることを出来る範囲で競技していきます。

小学校の運動会に混じって見て

出来ないとやらせなかったことも
周囲の理解や支援があれば立派に出来るんだ
そう実感しました。

ここではまだまだできそうなこといっぱいあります。

また、報告します。


この記事へのコメント

ぽんぽん
2007年08月05日 23:55
養護学校の父兄です。見て見たかったなぁ。運動会。某小学校の運動会は見たことがありますが、「んんん?やらせてる」と言った感じがあって子供たちも「楽しんでる」って感じはしなかった…
理解のある子供たちで良かったですね。
 担当の先生は「いっぱい・いっぱい」と言うのはよくわかります。私達大人が考えるよりも子供たちが良いサポーターになっているのですね。
 先生頑張れ!!!

この記事へのトラックバック