第2回探検隊




2月16日土曜日、今年度2回めの探検隊が大町で行われました。

今回は7名の子ども達と10名のスタッフでポスターのお礼とお買い物。

確かにお店の方々の対応や反応は前とはちがう感じ。
「ここにポスター貼ってたよ」
「お茶飲んでって」
など気楽にお声をかけてもらいました。

写真のM君の探検隊を紹介します。

画像

この日は最近はまっているミキサーのジュースの材料とお母さんから頼まれた毛糸とセロテープとのりの買い物でした。
事前に渡しておいたお使いメモに書いてあることとある程度のお店の位置がわかっているようでほとんど一人で買い物できました。
3つのどのお店でもお金を支払って必ず「ありがとうございます」と言っていたのはビックリ!はじめて入った文房具屋さんでは「またこようね」とお店の方に。
買い物が終わって「見てるだけ」と何店か入りましたがどのお店も微笑ましく対応していただきました。
その時にあるオーバーズボンが気に入ったらしく、きらめきに帰ってから「青いズボン、黒いズボン、3月探検隊で買おうね!」と何人のスタッフに言っていました。
お母さんのお話では「スーパーでは選んでレジに行くだけなので会話がありませんが、大町だとお店の方が会話してくれるのがいいようです。
探検隊はいつも楽しみにしていて次は何買おうとメモ帳にメモしているようです。」とのこと。


自然に自閉症の子ども達を受け入れていただいている大町商店街

県内所々で目にするようになったポスター

大町商店街のような場所が少しずつ増えること、願っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック