高等部の約束

もっと頻繁に更新したいんですが
なにせNPOにもなったので
不用意な発言はできない…

そんなふうに思ってしまって
つい躊躇してしまってます。

実は毒舌で今まで通してきたのに
ここに来ていろんな方に配慮して口ごもっています。

あまり過激な発言は…


でも、久しぶりに
言っちゃおう!

高校にも分教室を!

地域の子どもが地域の学校に通うのは
当たり前のこと
だから中学部もできます!

でも高等部は???
まだ
未定…

高等部の教育だって必要な子どもたちです。
普通高校に入れないなら
遠くの養護学校の高等部に行け!というのは
あまりにも理不尽!

地域で暮らし
地域の学校に行く

そんな当たり前のことが
なかなかできないんです。

選択肢が無くてもいい???

そんなわけないじゃないですか!!

ぜひ、地元高校の中にも特別支援学校の分教室を!

来年の私の活動目標は
高等部設置です。

皆様のご支援よろしくお願いします。

この記事へのコメント

naka
2008年11月16日 14:04
全く同感です。
私としては分教室だけでなく、障がいのある生徒の公立高校への入学をなんとしても現実のものにならないかと日々思っています。
インクルーシブと世間は言うものの、まだまだ…
現実として養護学校高等部への入学者は増加傾向にあり、今年もM養護学校の教育相談の多いこと。県内いづれもと聞いておりますが…
「普通高校への受験も考えてください」と言ったところで受け入れてくれるベースがなく、親も子も担任も路頭に迷う。
県内何箇所かに障害がある生徒が学べる公立高校の学級の設置やら、障がい名を調査書に書いても不合格にならないようにとか、必ず数名は高校でも入れるようにとか、何かしら動かないことにはこの状態は続きますよね。
個人やえぇ町でできることってないんだろうか…
あきなり
2008年11月16日 22:03
すみません、インクルーシブについてまだ良く理解していないので、コメントが的外れかもしれませんが…。
自分は分教室が高校にあった方がインクルーシブは進むと思います。高校の先生方と話す機会がありますが、高校にも発達障がい、知的障がいがあると思われる生徒さんがおり、対応が手探りなようです。それでも中には対応策が上手に組まれてる場合もありますが、校内に分教室があれば、理解はもっと進むでしょうね。
通常の高校に通う発達障がい、知的障がいのある生徒さんのもう一つの選択肢としてもあった方が良いんじゃないかと思います。
Kko
2008年11月17日 08:39
現在の高校は適格者主義だから
知的障害者を受け入れるにはシステム自体を変える必要がある(by県教委)そうです…

う~む
適格者主義???
初めて聞く言葉

一般に浸透してるのかな?
この言葉

定数内不合格者は出さないようにと指導しながら
適格者主義とは
矛盾した発言では???

そもそも高校に適確な方とは
どのような方?
学力が一定以上の方ということ?

この記事へのトラックバック