えぇ町探検隊

一関市 大町商店街で 「えぇ町探検隊」実施しました。

今回は7名のえぇ町チルドレンと
ボランティア4名
スタッフ4名

こじんまりと

でも、なれた感じで

サクサクと

それぞれ思い思いに買い物をして
食事をして…

この探検隊を通して
一人で町で買い物ができるようになった子もいます。


でも、小遣いが足りなくなって
不安定になった子もいました。


次の買い物を考えて
見合った値段の物を選ぶ…とても難しいですね。
やはり、買い物メモには具体的な商品か、おおよその値段があるといいですね。

外食する店を選ぶときも
外に模型が飾ってある店を選ぶ傾向にありました。
でも、店の中には文字だけのメニュー

そのギャップにどぎまぎする子どもたち。

模型は具体的で選びやすいけど
店側は単なる客引きのディスプレイとして飾っていることもあるので
店内のメニューはせめて写真付きでお願いしたいものですね。

今回は「河北新報」さんの取材がありました。

探検隊の様子が紙面にあがるかもしれません。

楽しみです。

ではまた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック