えぇ町盛岡第2回学習会

えぇ町盛岡第2回学習会が8月21日土曜日アイーナ団体活動室で行われました。

支援学校教員、事業所職員、小学校通常学級職員、特別支援学級職員、保護者など25名ほどの参加となりました。

遠くは三愛学舎の先生方や第1回学習会の参加の方も多数参加していただきました。



この日は「通常学級における特別支援教育」というテーマで熊本先生にお話していただきました。


その後、小学校の通常学級の先生方からは、
特別支援対象の子以外の子への対応のしかた、
保護者との関係など集団の中での支援の難しさについて意見交換がなされました。



まだまだ混沌としている通常学級での支援のあり方について、12月の学習会でも行う予定です。


次回は11月13日土曜日
自閉症協会の宇都宮大学教育学部の梅永雄二先生の講演会に参加させていただくことにしました。

この記事へのコメント

まちりん
2010年09月04日 15:55
通常学級における特別支援教育というテーマは、みなさん関心があるようで、参加して下さった方々からも、多くの質問や意見が出されました。
参加の皆さんの職種もいろいろに広がり、嬉しく思っています。次回もよろしく!
あきなり
2010年09月04日 22:17
通常学級での特別支援は、周囲への配慮もともに考えなければならず難しいなと思っていたのですが、今回の話は実践の様子もビデオで見ることができ、とても参考になるものでした。
結局、特定の子に必要な「特別支援」は、他の子にとっても「分かりやすさ」につながるんですよね。
特別支援学校にいる自分にとっては奥が深い話となりました。
また、次回楽しみにしています!
♯キティ♭
2010年09月20日 00:23
実践の様子をビデオで見て、集団で取り組みながら育っていく様子がよく分かり、とても勉強になりました。特別な支援を必要とする子だけでなく、学級集団として育っていく・・・・・・そういう実践のできる教員になりたいと改めて思いました。

この記事へのトラックバック