梅永先生 講演会

11月13日土曜日、ふれあいランドにて、梅永雄二先生の講演会が行われました。

画像


主催は岩手県自閉症協会、共催はえぇ町つくり隊

参加者120名。

梅永先生は宇都宮大学教育学部特別支援教育教授であり、日本でのTEACCHでは第一人者であります。

この日の演題は「自閉症・アスペルガー症候群の方たちの就労支援」

多くの自閉症の方たちの就労を支援してきたことからのお話でした。

特に、家庭での子育て、学校での教育については、明日からやってみようと思いました。

自閉症の方たちが自閉症らしく生活していくことができるために、周囲の環境をいかに整えていくか、私達にできることは何か、えぇ町のコンセプトそのもののお話でした




TEACCHプログラムに学ぶ自閉症の人の社会参加 (ヒューマンケアブックス)
学習研究社
梅永雄二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TEACCHプログラムに学ぶ自閉症の人の社会参加 (ヒューマンケアブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

まちりん
2010年11月17日 03:55
梅永先生の講演会、すごくよかったです。職場の同僚も来ていて、大いに感銘を受けていました。現場で即実行!といきたいところだけど、なかなか厳しい現実が・・・。でも、やはり「あるべき方向」は見失いたくない、と決意しました。えぇ町の活動に大いに関心を示していた梅永先生、一関大町にも来てみたいと、おっしゃっていました。
今後ともよろしくお願いします。
あきなり
2010年12月20日 19:50
すみません、かなり遅ればせながらですが…。

梅永先生の講演会、ものすごく勉強になりました。
高機能やアスペルガーの方たちの支援の難しさは
これまでいろんなところで話を聞いてはいたのですが、
ここのところ少しずつ目の当たりにするようになってきました。
本人さんへの支援だけでなく、周囲の人の理解や支えがより不可欠だなぁ、と日々痛感しています。
今回の講演会を日々の実践の中でいくらかでも生かせれば…!と思いました。

この記事へのトラックバック