第5回えぇ町盛岡学習会

2月5日土曜日、今年度最後のえぇ町盛岡学習会が行われました。

画像


この日は岩手大教育学部特別支援教育科の宮崎先生の学習会と合同開催となりました。

えぇ町12名、宮崎研究室5名での学習会でした。
津志田小学校のLD等通級指導教室「まなびの教室」の井上先生から事例の紹介がありました。

通常学級での特別支援教育対象の児童について学校全体での取り組みを感じました。

学校のこと、通級の時間のこと、通常学級でのフォローのこと、卒業後のことなど、質問がたくさん出て、あっという間の時間でした。

通級指導教室での指導を通常学級にいかにつなげ、家庭に理解していただき、中学校へも理解していただくことを考えて毎日指導なされているようです。

通常学級の先生方も理解があり通級学級の時間割を優先していただいているとのこと。

この日は小学校中学校からの参加もあり意見交換も活発になされました。

今、通常学級での特別支援教育が話題になることが多くなってきました。

全ての学校でこのような取り組みがなされることを願っています。

また、宮崎先生との合同学習会となりましたが、来年度に向け、学習会の内容も拡大できるかと思います。

すっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。写真はまだまだ盛り上がっている帰り際の様子です。

この記事へのコメント

まちりん
2011年02月23日 21:26
大分遅くなってのコメントですみません!初めての合同開催でしたが、とても勉強になり得るものが多かったです。通級指導の様子は、よく分かっていなかったので、担当されている井上先生の生のお話がすごく分かりやすかったです。熱心な取り組みに脱帽です。まだまだ知りたいことがたくさんあります。今後とも、こうした交流をしながらお互いに学びを深めたいものですね。

この記事へのトラックバック