被災地岩手より

大震災がありました。

各地から激励をいただいき、ありがとうございます。

えぇ町つくり隊はみんな元気です。

一関の被害は少なくて
ライフラインのみ不便しているところです。

沿岸の地域は
私たちさえも想像がつかない状況で
実際、どんなことになっているのか…
ガソリンのない今となっては
確認するのはテレビの映像のみで

発達障害サポートセンターと言っておきながら
こんな時にはどうすることもできない自分自身を
とても歯がゆく思っています。

学校も予告なしに休みとなり
家から出ることの少ない生活
テレビで好きな番組を見ることもできず
好きな食べ物も手に入りづらい

発達障害や自閉症のお子さんたち、ご家族がどれほど苦労しているのか想像もつきません。

こんな時、何ができるのか…
何もできない自分が情けない。

せめてメールや電話での相談を受け付けたいと思っています。
些細なことでも
話を聞いてほしいというだけでも構いません。

どうぞ、えぇ町にご連絡ください。

いつでも、お待ちしています。

この記事へのコメント

naka
2011年03月22日 19:20
ブログの記事に同感です。
何かできることはないものか、ここ数日フツフツと思っています
健常のお子さんでも大変な想いをしている中、フラッシュバックをしたり、日常していることができない自閉症や発達障がいの方々はどんなふうに毎日を過ごしているのか…
沿岸にくらべ、内陸は平和かもしれません。
ガソリンがないくらいでしょうか。
食料はかえっていらない物も買っているような気さえしています。
私たちができることを探っていきたいです。
たかちゃん
2011年04月30日 21:20
自閉症、発達障害の子、人のある程度の解決策、改善方法がわかりました。本当です。実現、実行可能な方法でやるきさえあれば取り組めます。連絡、楽しみにしています。tmmt4649@hb.tp1.jp 紫波郡のたかちゃん。

この記事へのトラックバック