第2回学習会を開催しました。

画像
えぇ町盛岡の第2回学習会が12月10日土曜日に開催されました。
虹の家の小川博敬さん、元気丸の山本円さんのお二人が講師で成人期以降の自閉症者への支援や、成人施設のようすについてお話をして頂きました。保護者や施設の方々、学校の先生など20名以上ご参加でした。
グループホーム、ケアホームについての話や成人してからの支援など、保護者の方々にはかなり関心の高い内容となり、質疑も活発でした。

今後の事業所利用において、現場実習が結構重要な位置を占めていること、ニーズを反映させるために、こまめに伝え続けていくことなど、またまた勉強になることが沢山ありました。
ご参加の皆さま、本当にありがとうございました。

この記事へのコメント

ユジン
2011年12月15日 16:03
県南に住んでいますが、この内容なら参加したかったです。偉い方の講演会より、身近な方の話が聞きたいです。
けんマザー
2011年12月18日 16:41
小川さんの「自己選択」「自己決定」の定義についてのお話は哲学的でおもしろかったです。親は本人に決めさせているようで、実際は誘導していることも多いんだろうな・・と感じ、反省しました。
山本さんのお話も事例を交えて、大変わかりやすく、息子の通う事業所職員の方たちにも、このような学習会へ参加してもらいたいと思いました。
相談機関として元気丸さんを頼っても良いのだと知ることが出来たのは、安心材料が増え、心強いことですありがとうございました!
岩手
2012年10月07日 16:48
大丈夫でしょうかね。そこの施設。
虐待あったのに、隠してる。上司も昔は利用者に虐待してましたよね。

この記事へのトラックバック