大船渡、高田の避難所

2011年3月23日
岩手自閉症協会の方々と一緒に大船渡、高田の避難所を回って
自閉症の方々の安否確認や
被災してお困りの保護者の話を聞くことができました。


内陸から沿岸に向かって、
まだ山の中だというのに
津波が押し寄せたがれきの跡があり
そこからは、海まで延々と続くがれきの大地がありました。

画像
 下矢作からの気仙川沿い

かろうじて、大きな道路の上だけはがれきが除けられていましたが
道がない
看板がない
信号もない
目印となる建物もない
行きたいところへなかなか行けない。

画像
  大船渡の市街地

テレビ画面でも懸命に伝えてくれていますが
実際、目の当たりにした光景は、想像を絶するものです。

わずかばかりの支援物資(下着類段ボール1箱、歯ブラシ、ひげそり、文房具)を持って行ったのですが、
どこにも足りない。
私は友人と連絡が取れ、
「欲しい!」と言う物を持って行けたのですが

足りない物が避難所毎に違う。
日によって違う。
個人によっても違いがでてきていました。

私たちNPOのできる支援は
限られた方々への
限られた支援です。

助けを求めている○○さんのために
何ができるか考えながら
えぇ町つくり隊は支援を続けていきたいと思います。

画像